Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT機器向けゲートウェイ製品に複数の脆弱性

ぷらっとホームのIoT機器向けゲートウェイ製品「OpenBlocks IoT VX2」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品のファームウェア「同Ver.3」にroot権限で任意のOSコマンドを実行されるおそれがある「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2020-5535」や、機器を初期化されるおそれがある認証不備の脆弱性「CVE-2020-5536」が明らかとなったもの。

同脆弱性は、イエラエセキュリティの村島正浩氏と片岡玄太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調査を実施した。

ぷらっとホームでは、脆弱性の修正を含むファームウェアの最新版「同Ver.4.0.0」をリリースしている。

(Security NEXT - 2020/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇