Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10大脅威の影響や対策は? - IPAが解説資料を公開

情報処理推進機構(IPA)は、1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威2020」の解説資料を公開した。

「情報セキュリティ10大脅威2020」は、2019年に「個人」や「組織」にとって影響が大きかったセキュリティ上の脅威をセキュリティ研究者や実務者によって選出、決定したもの。

ランキングそのものは1月に発表済みだが、それぞれの脅威について解説する資料をPDFファイルにてあらたに用意。同機構のウェブサイトで公開した。

各脅威において想定される攻撃者や手口、被害者、被害による影響、実際に生じた事例、対策など、イラストをまじえながらわかりやすく説明している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス