Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10大脅威の影響や対策は? - IPAが解説資料を公開

情報処理推進機構(IPA)は、1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威2020」の解説資料を公開した。

「情報セキュリティ10大脅威2020」は、2019年に「個人」や「組織」にとって影響が大きかったセキュリティ上の脅威をセキュリティ研究者や実務者によって選出、決定したもの。

ランキングそのものは1月に発表済みだが、それぞれの脅威について解説する資料をPDFファイルにてあらたに用意。同機構のウェブサイトで公開した。

各脅威において想定される攻撃者や手口、被害者、被害による影響、実際に生じた事例、対策など、イラストをまじえながらわかりやすく説明している。

(Security NEXT - 2020/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会