Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「三井住友カード」の利用者狙うフィッシング - リンク6カ所で誘導

「三井住友カード」を装ったフィッシング攻撃を確認したとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

問題のフィッシングメールは「【重要】三井住友カード株式会社から緊急のご連絡」といった件名で送信されており、アカウントのチェックなどと称してフィッシングサイトへ誘導していた。

HTMLメールを用いており、正規アプリが配布されている「App Store」や「Google Play」をはじめ、文面上に正規URLを記載しつつ、実際はフィッシングサイトへ誘導する4カ所のリンクをはじめ、6カ所のリンクより偽サイトへ誘導していた。

また本文には「異常は発生しますので、お客様のアカウントをチェックしてください」など不自然な言い回しも見られた。

問題のフィッシングサイトは、1月31日の時点で稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意
「長期間パスワードを変更していない」と変更依頼を装うフィッシングに注意
「三井住友銀行」や「三井住友カード」を装うフィッシング攻撃
クレジットカード「ゆめカード」の利用者を狙ったフィッシング
「PayPay銀行」装うフィッシング - Visaデビット番号を標的に
音楽配信サービス「Spotify」のフィッシング攻撃が発生中
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
「JETRO」のなりすましメールに注意 - 役員名乗るケースも
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシング - ほぼHTTPSで展開