Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、個人情報の取り扱いに関する教育資料として「紛失、盗難を防ごう」を公開した。

同資料はJIPDECプライバシーマーク推進センターが作成したもので、組織における個人情報保護の従業員教育に利用できる。

同センターに提出された個人情報に関する事故報告書から、事故の種別ごとに原因や再発防止策を整理した。

同資料では、事故の発生状況と原因について、事務所内での紛失の場合と外出先や移動時の紛失の場合、盗難による漏洩や紛失の場合にわけて解説。防止策を紹介している。

すでに公開されている「メール誤送信を防ごう」とあわせてPDFファイルとPowerPointファイルを用意。同協会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2020/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
EC事業者の6割弱がサイバー攻撃の被害経験 - 半数で情報漏洩
個情委、破産者情報の違法公開サイトを告発
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
JIPDEC、ECサイト関連事業者にセキュ対策徹底を呼びかけ - 啓発セミナーも開催
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施