Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響

「Internet Explorer」に未修正の脆弱性「CVE-2020-0674」が存在し、すでに悪用されていることがわかった。サポート中の現行OSはもちろん、1月14日にサポートが終了したばかりの「Windows 7」なども影響を受けるという。

すでに非推奨となっているスクリプトを利用するサイトなどとの互換性を維持するため、「IE 9」以降に搭載されているスクリプトエンジン「jscript.dll」に、メモリ破壊の脆弱性が明らかとなったもの。デフォルトで使用するスクリプトエンジン「Jscript9.dll」は、脆弱性の影響を受けないとしている。

クライアントOSにおける同脆弱性の深刻度は「緊急」、サーバについては深刻度を「中」とレーティングした。サポートが終了した「Windows 7」や「Windows Server 2008」なども影響を受ける。限定的としているが、マイクロソフトでは、すでに脆弱性を悪用する標的型攻撃を把握しているという。

同社では、脆弱性を修正するセキュリティ更新プログラムの準備を進めるとともに、セキュリティアドバイザリを公開。「JScript.dll」へのアクセスを制限する一時的な回避策などアナウンスし、利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開