Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャパンネット銀を装うフィッシングに注意

ジャパンネット銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシング攻撃では、送金に関する連絡を装い、「お客さまの口座間送金管理」といった件名で送信されていた。

一方本文は、送金とは関係なく従来より見られる内容で、「口座資金のセキュリティを高めるためシステムのバージョンアップを行った」などと説明。「口座の更新が必要」などとして偽サイトへ誘導していた。

フィッシングサイトは、「japannetbank」「jp-bank-japan」といった文字列を含むドメインを悪用。ログインに見せかけ、「店番号」「口座番号」「ログインパスワード」などを入力させようとしていた。

12月24日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターに調査を依頼。類似した攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中