Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバにマルウェア、攻撃の踏み台に - JP共済生協

日本郵政グループ労働者共済生活協同組合(JP共済生協)は、同社ウェブサイト内にマルウェアが設置されていたことを明らかにした。

11月に確認された気象庁を装う「なりすましメール」において、同組合が利用するウェブサーバがマルウェアをホストするために悪用されたもの。

同組合では同問題を受けて、11月7日16時ごろにウェブサイトを閉鎖。外部事業者による調査を進めていた。

同社は、不正アクセスを受けた原因について、ブルートフォース攻撃などによりパスワードが破られてファイル転送用のアカウントがログインを許し、問題のファイルがアップロードされたと説明。

同組合では、セキュリティ環境を整備したあらたなサーバへ移行し、ウェブサイトを再開した。組合員の個人情報は異なる環境で管理しており、外部への流出については否定している。

(Security NEXT - 2019/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出