Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室

プロバスケットボールチーム茨城ロボッツの子会社が運営するバスケットボールスクールにおいて、受講生の個人情報含む名簿が所在不明となっている。

同スクールを運営するいばらきスポーツタウン・マネジメントによれば、ROBOTSスクールつくば校の受講生の個人情報が記載された名簿などを紛失したという。49人の氏名と一部受講生の連絡先が含まれる。

担当講師が11月11日22時にレッスン終了後、名簿などが入った鞄を体育館外部の出口階段に置いたが、そのまま置き忘れて帰宅、その後の所在がわからない状態となっている。

同講師は、翌日12日に置き忘れたことへ気が付き捜索したが、すでに鞄は見当たらなかった。同社では警察への届け、対象となる受講生にメールや電話を通じて謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
ECサイト向けクレカ決済サービスに不正アクセス - メタップスP
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
「Log4Shell」の診断サービスを期間限定で - セキュアブレイン
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで