Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導

ジェーシービーの会員向けウェブサービス「MyJCB」を装ったフィッシングメールが確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

同協議会によれば、クレジットカードが第三者に利用されるおそれがあるなどと不安を煽り、偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

フィッシングメールの本文では、クレジットカードが第三者によって使用されていることを検知し、口座を凍結したなどと説明。

IDとパスワードの再登録をして制限を解除する必要があるなどとだまし、フィッシングサイトへ誘導して、個人情報を詐取しようとしていた。

またフィッシングメールでは、正規に発行されているメールサービスなどから文言を盗用していると見られ、「ドメインの運用に関わる重要な通知」とまったく関係ない内容や、定期メールを思わせる「2019年11月号」など、不自然な記載も見られた。

11月12日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃が展開される可能性があるとして、警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を