Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性

「BIND 9.14」に、リモートより悪用されるおそれがあるサービス拒否の脆弱性など、2件の脆弱性が明らかとなった。

「同9.14.0」よりデフォルトで有効化されている「QNAME minimisation」において、リモートから悪用可能なサービス拒否の脆弱性「CVE-2019-6476」が判明したもの。フォワード先に設定しているリゾルバーから委任応答を受信した際、異常終了するおそれがある。

また「mirror zones機能」を利用している場合に、「DNSSEC」検証がバイパスされるおそれがある「CVE-2019-6475」が明らかになった。

「BIND」の開発を手がけるInternet Systems Consortium(ISC)は、いずれも重要度を「中(Medium)」とレーティングしており、修正版となる「同9.14.7」をリリースした。

脆弱性の判明を受けて、日本レジストリサービス(JPRS)やJPCERTコーディネーションセンターなど関連機関も利用者へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に