Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに最新版となる「同77.0.3865.120」をリリースした。

今回のアップデートは、セキュリティに関する8件の問題に対処したもの。CVEベースでは5件の脆弱性に対処したことを明らかにしており、いずれも重要度を4段階中上から2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

このうち4件は解放後のメモリへアクセスする「Use After Free」の脆弱性。「JavaScript」のエンジンである「V8」に明らかとなった「CVE-2019-13696」をはじめ、「IndexedDB」や「WebRTC」、オーディオ処理に見つかった脆弱性に対応したという。

同社は、同バージョンを数日から数週間をかけて展開していく予定。

(Security NEXT - 2019/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに