Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製アクセスポイントに複数脆弱性 - コマンド実行のおそれ

D-Link製の無線LANアクセスポイント「DBA-1510P」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のコマンドラインインタフェースや管理画面において「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2019-6013」「CVE-2019-6014」が存在することが判明したもの。

「ファームウェア 1.70b009」および以前のバージョンが影響を受ける。いずれもインタフェースへのアクセス権限が必要となるが、脆弱性を悪用されるとOSにおける任意のコマンドをされるおそれがある。

同脆弱性は、ココンの佐藤勝彦氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したファームウェアが公開されている。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処