Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製アクセスポイントに複数脆弱性 - コマンド実行のおそれ

D-Link製の無線LANアクセスポイント「DBA-1510P」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のコマンドラインインタフェースや管理画面において「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2019-6013」「CVE-2019-6014」が存在することが判明したもの。

「ファームウェア 1.70b009」および以前のバージョンが影響を受ける。いずれもインタフェースへのアクセス権限が必要となるが、脆弱性を悪用されるとOSにおける任意のコマンドをされるおそれがある。

同脆弱性は、ココンの佐藤勝彦氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正したファームウェアが公開されている。

(Security NEXT - 2019/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施