Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Smart TV Box」に脆弱性 - LANポートよりADBにアクセス可能

KDDIが提供するテレビや動画視聴用セットトップボックス「Smart TV Box」に、不正な操作が行われるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のLAN用インタフェースにおいて、「Android Debug Bridge(ADB)」へアクセスできるアクセス制御不備の脆弱性「CVE-2019-6005」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用するにはLAN側よりアクセスする必要があるが、意図しないソフトウェアをインストールされたり、設定を変更されるおそれがある。

同脆弱性は、情報通信研究機構の森好樹氏、久保正樹氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

8月23日に脆弱性情報が公開されたが、脆弱性を修正したファームウェア「バージョン1300」については、2月28日より提供が開始されており、ソフトウェアは原則自動で更新されるとしている。

(Security NEXT - 2019/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も