Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず

コンパイラ基盤「LLVM」における「Armバックエンド」において、保護機能が正常に機能せず、バッファオーバーフローを検知できなくなる問題が明らかとなった。セキュリティ機関がアップデートを呼びかけている。

改ざんのチェック用に設定された値をあらたに設定し直したり、ポインタ値をスタック上に置くことが可能で、スタック保護機構が機能しなくなる問題が明らかとなったもの。

バッファオーバーフローに対して脆弱となり、任意のコードを実行されたり、サービス拒否などが生じるおそれがある。

今回の問題を受け、セキュリティ機関では、脆弱性を修正した最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に複数脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み
「Chrome 89」が公開、セキュリティ関連で修正47件 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正