Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が含まれていることが明らかとなった。

「同8.7.4」において試験的に導入されている「Workspacesモジュール」を有効化している場合、アクセス制御がバイパスされる脆弱性「CVE-2019-6342」が含まれるという。

脆弱性の重要度は、5段階中、上から2番目にあたる「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。脆弱性は「同8.7.4」のみ影響があり、「同8.7.3」や以前のバージョンは影響を受けない。

開発チームは、脆弱性を修正した「同8.7.5」をリリースした。またモジュールを無効化することで影響を緩和できるとしている。

またモジュールの利用者は、アップデート実施後に手動でキャッシュをクリアする必要があり、リバースプロクシやCDNなどを利用している場合も同様にキャッシュをクリアするよう求めている。

(Security NEXT - 2019/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
OpenSSHの「regreSSHion」レビュー時にあらたな脆弱性見つかる
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
「Ghostscript」の脆弱性に注意 - 3月と5月の更新で修正済み
Go言語ベースのウェブフレームワーク「Fiber」に深刻な脆弱性
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 6月のアップデートで修正
「Node.js」のセキュリティアップデート、再び延期に