Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アクセス解析CGI An-Analyzer」に複数の脆弱性

アングラーズネットが提供している「アクセス解析CGI An-Analyzer」に、OSコマンドインジェクションをはじめ、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

同プログラムは、ウェブサイトのアクセス解析を行うためのCGIプログラム。解析対象ページにクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2019-5989」が判明した。

さらにHTTPリファラからログイン用パスワードを取得されるおそれがある「CVE-2019-5990」が含まれるという。

また管理ページでは「OSコマンドインジェクション」が可能となる脆弱性「CVE-2019-5987」や、クロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2019-5988」が明らかとなった。

同脆弱性はSTNetの渡邉優太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。6月24日より修正版が提供されており、利用者は対象となるファイルを更新した上、解析用スクリプトを修正する必要がある。

(Security NEXT - 2019/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中