Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含むファイルがアクセス可能な状態に - まつ毛エクステ店

まつ毛エクステの専門店「Foula Store」の顧客情報が、インターネットよりアクセス可能な状態にあり、流出していたことがわかった。委託先の設定ミスが原因だという。

同店舗を運営するケイトオブ東京によれば、最長で2018年1月17日から2019年6月27日にかけて、同店舗の顧客情報を含むファイルがインターネット経由でアクセスできる状態に置かれていたという。

システム開発を委託している2社が、開発の過程で情報の引き継ぎを行う際、1社がインターネット上のシステム開発ソフトにアップロードした顧客情報を含むファイルを、第三者も閲覧可能な状態に誤って設定していた。

アクセス可能となっていたのは17件のファイルで、顧客1万1296人の個人情報が保存されていた。渋谷や横浜、大宮、大阪梅田の店舗で2017年7月までに会員登録を行ったり、2014年3月から2017年7月にかけて、商品を購入または返品した顧客が対象。氏名や住所、電話番号、性別、誕生日、メールアドレスなどが含まれる。

(Security NEXT - 2019/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便