Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco DCNM」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートで修正

Cisco Systemsが提供するデータセンター向け管理製品「Cisco Data Center Network Manager(DCNM)」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品のウェブ管理画面に複数の脆弱性が明らかとなったもの。権限設定のミスに起因する脆弱性「CVE-2019-1620」が存在し、細工したファイルをアップロード、リモートよりroot権限でコードの実行が可能だという。

また同じくウェブ管理画面に、認証の回避が可能となる脆弱性「CVE-2019-1619」も判明している。セッション管理に不備があり、細工したHTTPリクエストを送信することで、管理者の権限でアクセスして操作が可能になるという。

同社は、「CVE-2019-1619」に対しては「同11.1(1)」で修正したが、「CVE-2019-1620」の影響を受けるとして、「同11.2(1)」をリリース。脆弱性が明らかとなったウェブサーブレットを削除することで対処している。

(Security NEXT - 2019/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開