Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正

Oracleは、CVEベースで297件の脆弱性に対応した定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」をリリースした。

20190417_or_001.jpg
297件の脆弱性へ対応したOracle

「クリティカルパッチアップデート(CPU)」は、累積的なアップデートとして四半期ごとに提供しているもの。

今回対象となる製品は、「Oracle Database Server」や「Java SE」をはじめ、「Fusion Middleware」「PeopleSoft」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」「Oracle Siebel CRM」「Oracle Industry Applications」などで、多岐にわたっている。

297件の脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」においてスコアが「7.0」以上の「緊急」または「重要」とされる脆弱性は157件。また198件 に関しては、認証なくリモートより悪用されるおそれがあるという。

同社では、利用者に対してサポートされているバージョンを確認し、アップデートを可能なかぎり早く適用し、脆弱性を修正するよう呼びかけている。

なお、次回の定例アップデートは米国時間2019年7月16日となる予定。

(Security NEXT - 2019/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請