Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GNU Wget」に任意のコードを実行される脆弱性

「HTTP」や「FTP」などのプロトコルに対応したダウンローダー「GNU Wget」に任意のコード実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.20.1」および以前のバージョンにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2019-5953」が含まれていることが明らかとなったという。

同脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、草野一彦氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。最新版へアップデートを行うよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新