Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GNU Wget」に任意のコードを実行される脆弱性

「HTTP」や「FTP」などのプロトコルに対応したダウンローダー「GNU Wget」に任意のコード実行が可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同1.20.1」および以前のバージョンにバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2019-5953」が含まれていることが明らかとなったという。

同脆弱性を悪用されると、任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、草野一彦氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。最新版へアップデートを行うよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 90」が公開、37件のセキュリティ修正 - 前回更新からわずか1日で
米政府、サイバー攻撃など理由にロシアへ制裁 - SolarWinds侵害も正式に認定
SAP、4月の月例アップデートを公開 - CVSS基本値「9.9」のRCE脆弱性も
スマホアプリ「ぐるなび」に脆弱性 - 任意サイトへの誘導に悪用されるおそれ
「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開