Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キョードー東京サイトの個人情報誤表示、PW含まず - 27日に再開予定

キョードー東京が運営するチケット販売サイトにおいて、顧客の個人情報が関係ない別の顧客に表示された問題で、当初流出したとされていたパスワードが、実際には流出していなかったことがわかった。

「キョードー東京チケットオンライン」において、3月16日4時7分から同日8時17分にかけてログインした顧客の個人情報が、本人以外の別の顧客に表示されたもの。

当初は、氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、メールアドレス、ID、パスワード、秘密の質問および回答などが表示された可能性があるとしていたが、その後の調査によって、パスワードは伏せ字で表示されていたことが判明。そのため、流出した可能性はないという。

同社では3月27日12時にサービスを再開する予定。パスワードは流出しておらず、再開後にパスワードを変更する必要はないとアナウンスしている。

ただし、今回の不具合では氏名や住所、生年月日、電話番号、メールアドレスのほか、秘密の質問、秘密の質問の答えについても第三者に表示されたおそれがあり、注意が必要となる。

(Security NEXT - 2019/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スキー学校の案内でメールアドレスが流出 - 札幌のスキー場
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
山口県のクラファンサイトで個人情報を誤表示 - CDNで意図せぬキャッシュ
インターンシップ受講予定者へのメールで誤送信 - 大阪市
誤送信で顧客のメールアドレス流出 - 北海道の菓子店
メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
開室状況の案内メールで誤送信 - 専修大
学校見学会中止の通知メールを誤送信 - 都立高校
メール誤送信で研修申込者のメアド流出 - 港区