Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WinRAR」の脆弱性攻撃が拡大中 - ヒット曲のファイルに偽装

RARLAB製アーカイブツール「WinRAR」にパストラバーサルの脆弱性「CVE-2018-20250」が見つかった問題で、脆弱性を攻撃するファイルが出回っている。

McAfeeによれば、脆弱性の開示から1週間で100以上のユニークなエクスプロイトを確認。多くのファイルは米国で流通していた。

脆弱性は「同5.70」で修正された。同バージョンより以前のバージョンで問題のファイルを開くと、スタートアップフォルダに悪意あるファイルを作成され、次回起動時にマルウェアへ感染するおそれがある。

悪意あるファイルのひとつは、2019年に入り全米ヒットチャートで首位を獲得し、現在も10位前後にランクインしているAriana Grandeさんの人気楽曲「Thank U, Next」などに見せかけて流通していたという。

脆弱性は「ACE」形式のアーカイブファイルで悪用されるが、「WinRAR」ではファイルの中身によってファイル形式を判断するため、拡張子の偽装が可能。今回の音楽ファイルを装った攻撃でも「Ariana_Grande-thank_u,_next(2019)_[320].rar」といったファイル名となっており、「RAR」形式のファイルを装っていた。

(Security NEXT - 2019/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 「クリティカル」含む脆弱性26件を修正