Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団

東京観光財団は、業務委託先が送信した研修会の案内メールにおいて誤送信が発生し、関係者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同財団によれば、2月1日16時過ぎ、委託事業者が観光協会や観光連盟の関係者に対し送信した研修会の案内メールにおいて誤送信が発生したもの。送信先を誤って「CC」に設定したため、メールアドレス45件が受信者間で閲覧できる状態となった。

同日中に、委託先が対象となる関係者に電話とメールで謝罪。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 東京サマーランド
事業の実践報告会参加者宛てメールで誤送信 - 大阪府
案内メール誤送信で事業所担当者のメアド流出 - 協会けんぽ
メールアドレスでスペルミス、異なる宛先に誤送信 - JA福岡信連
通勤中にUSBメモリ紛失、その後回収 - 新潟県工業技術総合研究所
通知メール誤送信で応募者のメアド流出 - 東京・春・音楽祭
顧客1671人に送信したアンケートメールで誤送信 - 近鉄
FAX送信先の確認に使用した医療機関リストを誤送信 - 大阪府