Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など

日本マイクロソフトは、1年後にサポート終了が控えている「Windows 7」「Windows Server 2008」について、移行支援策を発表した。

2020年1月14日でサポートが終了となる「Windows 7」「Windows Server 2008」について、最新環境への早期の移行を支援するもの。

サーバについては、クラウド環境への移行を支援するため、2019年第1四半期中に「Azure Data Box」を提供。専用デバイスに大容量データを格納し、Azureのデータセンターに送付することで、ネットワークを介さずデータ移行が行えるとしている。

あわせて、ファイルサーバと「Azure」上のファイルストレージを同期するサービス「Azure File Sync」を2019年第1四半期中に提供開始する予定。

(Security NEXT - 2019/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学童保育所で個人情報含むメールを保護者に誤送信 - 八千代市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
サーバに不正アクセス、影響の範囲など調査 - 日環センター
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
県立高オープンキャンパス申込者のメールアドレスが流出 - 奈良県