Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都

都立特別支援学校において、金庫に保管していた生徒の個人情報含む調査書が所在不明になっていることがわかった。

都教育委員会によれば、2014年度から2017年度までの卒業生48人分の成績一覧表と調査書の写しを紛失していることが2018年12月20日に判明したもの。

さらにその後の調査で2013年度の卒業生16人分も紛失していることがわかった。いずれも金庫に保管していたという。

所在がわからなくなっている成績一覧表には、生徒の整理番号と各教科の評定が含まれる。さらに調査書には、生徒の氏名や生年月日、出欠の記録、各教科の学習記録や評価などを記載していた。

今回の問題を受け、同校では、対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で卒業生の健康診断票が所在不明 - 東京都
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
料金払込票を一時紛失、配送センター洗浄室で回収 - ミニストップ
送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設