Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約6年前のWPプラグイン脆弱性を狙う攻撃が11月に急増 - 攻撃元IPアドレスは3000件超

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「WordPress」向けに提供されているプラグイン「Portable phpMyAdmin」の古い脆弱性を突く攻撃の急増が11月に観測された。1年以上前に明らかとなった「Apache Struts 2」の脆弱性を狙う攻撃も引き続き展開されている。

インターネットイニシアティブ(IIJ)が、同社マネージドセキュリティサービスにおける11月の観測状況を取りまとめたもの。Netis製およびNetcore製のルータに見つかった脆弱性を狙う攻撃が6割を占めていたという。これらを除くと、攻撃の5割強は、「SQLインジェクション攻撃」だった。タイミングを利用した「ブラインドSQLインジェクション攻撃」も含まれる。

一方、同月における目立った動きとして、「WordPress」向けプラグイン「Portable phpMyAdmin」に対する攻撃の増加を検知したという。

同プラグインは、データベース管理を行う「phpMyAdmin」の操作を「WordPress」より行えるソフトウェア。攻撃対象となった「CVE-2012-5469」は、約6年前に明らかとなった脆弱性で、「phpMyAdmin」へのアクセスにおいて認証を回避されるおそれがある。

20190108_ii_001.jpg
11月に観測した攻撃の割合。Netis製およびNetcore製ルータを狙った攻撃は除外されている(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2019/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査