Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性

デジタルアーツのウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品にクロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2018-16180」や、「HTTPヘッダインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-16181」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されるとブラウザ上で任意のスクリプトが実行されたり、意図しないCookieを設定されるおそれがあるという。

同脆弱性は、ラックの山崎圭吾氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。デジタルアーツでは、脆弱性へ対処した「同9.50R06」をリリースしている。

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性