Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ記載のURLにセッション情報、個人情報が流出 - モバイル通販サイト

Leeジーンズのモバイル通販サイトにおいて、顧客1人の個人情報が、ほかの顧客から閲覧できる状態となったことがわかった。

同サイトを運営しているエドウインによれば、2月26日17時過ぎに携帯会員向けメールマガジンを送信したが、メルマガ内に記載された商品ページへ最初にアクセスした顧客のデータがサーバ上に保存され、その後同ページへアクセスしたユーザーから個人情報を閲覧できる状態になった。

原因は、メールマガジンに記載されたURLにセッション情報が含まれていたためで、最初にアクセスした顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどが流出した。閲覧が可能だった時間内に9件のアクセスがあり、そのうち清算画面かマイページにアクセスした場合、情報が閲覧できたという。

実際に個人情報を閲覧した顧客から他人の情報が見えるとの指摘があり、問題が判明。同社では同日19時に情報が表示されないよう修正し、詳細について調べたところ翌27日に原因がわかった。再発防止策として、携帯用メールマガジンの作成システムに構文チェック機能を搭載したという。

(Security NEXT - 2009/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
ピアノ発表会の申込フォームで個人情報が第三者より閲覧可能に
「Omiai」運営会社の企業サイトで不具合 - 顧客の問い合わせを意図せずキャッシュ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - エムオーテックス
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - 人材派遣会社
訪日外国人向けアンケートの回答内容が閲覧可能に - 中部国際空港