Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か

工場で稼働する金属加工用の産業用制御機器において、機器の出荷時よりマルウェアが混入していた事例が報告された。

2018年第3四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)が、参加組織より情報提供を受け、報告を取りまとめたもの。同団体には、サイバー攻撃に関する情報共有を目的に11業界238組織が参加している。

マルウェア感染の事例が報告されたのは、銅版を加工する産業用の制御機器。2016年上旬より工場で稼働していたが、2018年8月にIDSを導入したところ、不審なDNSクエリを検知したことで問題が発覚したという。

機器のメーカーが調査を行ったところ、組み込み機器向けOS「Windows Embedded」にオンラインバンキングの情報窃取などを行うマルウェアが感染していた。機器の開発期間中にメーカーで感染した可能性が高いと見られている。

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
秘密計算技術で研究会、安全性基準など検討 - NECら
メール誤送信、就職イベント参加者のメアド流出 - 和歌山市
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
「テレワークセキュリティガイドライン」に改定案 - パブコメ実施
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能