Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か

工場で稼働する金属加工用の産業用制御機器において、機器の出荷時よりマルウェアが混入していた事例が報告された。

2018年第3四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)が、参加組織より情報提供を受け、報告を取りまとめたもの。同団体には、サイバー攻撃に関する情報共有を目的に11業界238組織が参加している。

マルウェア感染の事例が報告されたのは、銅版を加工する産業用の制御機器。2016年上旬より工場で稼働していたが、2018年8月にIDSを導入したところ、不審なDNSクエリを検知したことで問題が発覚したという。

機器のメーカーが調査を行ったところ、組み込み機器向けOS「Windows Embedded」にオンラインバンキングの情報窃取などを行うマルウェアが感染していた。機器の開発期間中にメーカーで感染した可能性が高いと見られている。

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会