Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware Horizon View Agent」や「VMware ESXi」に脆弱性 - アップデートがリリース

VMwareは、「VMware Horizon View Agent」や「VMware ESXi」に脆弱性が見つかったとしてアップデートをリリースした。

20180727_vm_001.jpg
「CVE-2018-6972」の影響(表:VMware)

「VMware Horizon View Agent」に関しては、ログの取得に問題があり、高い権限のアカウント情報が低い権限のユーザーに漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2018-6971」が存在するという。重要度は「重要(Important)」。

また「VMware ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」では、RPCハンドラにおけるNULLポインタの参照により、サービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2018-6972」が判明。同社では重要度を4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」とレーティングした。

脆弱性の判明を受け、同社では各プラットフォーム向けにアップデートを提供している。

(Security NEXT - 2018/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
「Atlassian Bitbucket」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を