Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本医師会のレセプトソフトに複数の脆弱性

日本医師会の「日医標準レセプトソフト」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

日本医師会の研究事業プロジェクトであるORCA管理機構が提供する同ソフトにおいて、複数の脆弱性が判明したもの。バージョンによって影響を受ける脆弱性は異なるが、「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2018-0643」や、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2018-0644」が含まれるという。

脆弱性を悪用されると任意のコマンドが実行されたり、ログイン可能なユーザーによって、任意のコードを実行されたり、サービス拒否に陥るおそれがある。

同脆弱性は、IoT×Security Hackathon 2016より情報処理推進機構(IPA)が報告を受けたもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。修正プログラムが用意されており、アップデートを実施するよう呼びかけられている。

(Security NEXT - 2018/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開
NVIDIAのGPUドライバに複数脆弱性 - vGPUソフトウェアにも
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Chrome 87.0.4280.141」が公開 - セキュリティに関する16件の修正を実施
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
NEC製サーバの監視インタフェースに脆弱性 - 「IPMI over LAN」の利用停止を
NECプラットフォームズ製のIP-PBXサーバに深刻な脆弱性
「SolarWinds Orion」のAPIに認証回避のおそれ
Veritas製バックアップ製品に脆弱性 - 他社類似脆弱性にも注意
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性4件に対応