Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出

ワシントンホテルやホテルグレイスリー、伊東小涌園、ホテル椿山荘東京などを運営する藤田観光は、英語や中国語、韓国語で提供している予約サイトが不正アクセスを受け、個人情報が流出したことを明らかにした。

外国語による予約サイトの運営を委託していたファストブッキングジャパンの親会社である仏FastBookingのサーバが6月15日、17日の2回にわたり、不正アクセスを受けたもの。

今回の不正アクセスの影響で、同サイトで2017年5月1日から2018年6月19日にかけて予約が行われた30ホテルの顧客情報1万4567件が流出。氏名、住所、メールアドレス、国籍、予約金額、ホテル名、チェックインやチェックアウトなどの日程が含まれる。また6ホテルに関しては2017年8月以前に利用したクレジットカード情報1万0903件が影響を受けた。

同社では予約顧客に対してメールで事情を説明し、謝罪を行っている。クレジットカード情報が流出した顧客に関してはクレジットカード会社より通知が行われるとしている。

また同社が日本語で提供している予約サイトに関しては、異なるサーバやシステムで運営しており、影響について否定した。

(Security NEXT - 2018/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
職員が人事情報に不正アクセス、職務情報よりPW推測 - 宜野湾市
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
スキンケア用ソルトのオンラインショップに不正アクセス