Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市

三重県伊賀市の職員が、入居者の個人情報含む市営住宅配置図を、住民自治協議会会長へ漏洩していたことがわかった。

同市によれば、2017年12月18日に住民自治協議会会長からの求めに対して断りきれず、建設住宅課の職員が市営住宅配置図をコピーさせたという。

問題の配置図には、市営住宅入居者648人分の氏名や電話番号、部屋番号のほか、具体的な金額の記載はなかったが、家賃の未納状況なども記載されていたという。

同月21日に他職員からの話で上長の係長が情報漏洩を把握。同協議会会長にコピーの返却を求めたが、コピーはすでに廃棄し、第三者には見せていないとの回答を受けたとして、報告を受けた同課課長は、個人情報の二次流出はないとして報告していなかった。

(Security NEXT - 2018/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
市立幼稚園で園児の撮影画像など含むメディアを紛失 - 尼崎市
従業員が退職時に安全保安情報を持ち出し - 長崎の航空会社
周知なしに位置情報を海外企業へ提供、ヤフーに行政指導
小学校で許可のもと持ち出したUSBメモリが所在不明に - 神栖市
健診委託事業者が個人情報紛失、3カ月後にコピーが発見され発覚 - 富谷市
グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃
いじめ調査報告書の関連文書、墨塗り処理に不備 - 埼玉県