Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市

三重県伊賀市の職員が、入居者の個人情報含む市営住宅配置図を、住民自治協議会会長へ漏洩していたことがわかった。

同市によれば、2017年12月18日に住民自治協議会会長からの求めに対して断りきれず、建設住宅課の職員が市営住宅配置図をコピーさせたという。

問題の配置図には、市営住宅入居者648人分の氏名や電話番号、部屋番号のほか、具体的な金額の記載はなかったが、家賃の未納状況なども記載されていたという。

同月21日に他職員からの話で上長の係長が情報漏洩を把握。同協議会会長にコピーの返却を求めたが、コピーはすでに廃棄し、第三者には見せていないとの回答を受けたとして、報告を受けた同課課長は、個人情報の二次流出はないとして報告していなかった。

(Security NEXT - 2018/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経済同友会、複数端末に不正アクセス - サーバのアラート契機に発覚
個人情報開示時に他患者情報が混入 - 三重県の医療センター
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
大阪市、在籍児童名簿の作成でミス - 児童情報3692人分を異なる施設に送付
宛先違いや誤操作で新型コロナ患者情報を誤ファックス - 名古屋市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都