Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず

フィッシングサイトや偽アプリなど、見た目から真偽を見抜くことが難しいことは以前から指摘されているが、オンラインバンキングアプリに関しても、精巧に作成されており、偽アプリをインタフェースから見抜くことが難しいとの調査結果をAvastが取りまとめた。

同社がスマートデバイス向けに提供されているオンラインバンキングアプリについて、グローバルで調査を実施し、結果をまとめたもの。日本を含む世界12カ国からコンシューマー3万9091人が回答した。

ただし、スマートフォンやタブレットでオンラインバンキングアプリを利用している割合がワールドワイドで42%だったのに対し、日本は15%と利用率が低かったことから、調査結果から日本は除外されている。

同調査は、大手銀行アプリのインターフェイスを模倣した偽アプリを回答者が見抜けるか調べたもの。回答者の36%が偽アプリを「本物」と回答する一方、58%が公式アプリのインターフェースを「偽物」と回答した。偽アプリを作成する攻撃者の技術や精度が上がっており、見た目から判断が難しい状況だと同社は指摘している。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSL」にサービス拒否の脆弱性 - 次期更新で修正予定
研究室外に置いた廃棄予定パソコン3台が所在不明に - 日工大
サーバがランサム被害、UTMの設定不備を突かれる - CRESS TECH
「Node.js」にコマンドインジェクションの脆弱性 - Windows環境に影響
公式Xアカウントが乗っ取り被害 - メガネの愛眼
ランサム被害、本番環境への影響がないことを確認 - フュートレック
「Chrome」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
ビデオ会議サービス「Zoom」のクライアントソフトに脆弱性
県立自然の家のイベント申込者宛てメールで誤送信 - 栃木県
高校生徒の写真データ含む私物スマホを紛失 - 大阪府