Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず

フィッシングサイトや偽アプリなど、見た目から真偽を見抜くことが難しいことは以前から指摘されているが、オンラインバンキングアプリに関しても、精巧に作成されており、偽アプリをインタフェースから見抜くことが難しいとの調査結果をAvastが取りまとめた。

同社がスマートデバイス向けに提供されているオンラインバンキングアプリについて、グローバルで調査を実施し、結果をまとめたもの。日本を含む世界12カ国からコンシューマー3万9091人が回答した。

ただし、スマートフォンやタブレットでオンラインバンキングアプリを利用している割合がワールドワイドで42%だったのに対し、日本は15%と利用率が低かったことから、調査結果から日本は除外されている。

同調査は、大手銀行アプリのインターフェイスを模倣した偽アプリを回答者が見抜けるか調べたもの。回答者の36%が偽アプリを「本物」と回答する一方、58%が公式アプリのインターフェースを「偽物」と回答した。偽アプリを作成する攻撃者の技術や精度が上がっており、見た目から判断が難しい状況だと同社は指摘している。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
解約済印鑑票3497件が所在不明 - 沖縄海邦銀
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会