Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性「Spectre」の影響を緩和した「Firefox 57.0.4」がリリース

Mozilla Foundationは、主要メーカーのCPUに起因する脆弱性「Spectre」の影響を緩和した「Firefox 57.0.4」をリリースした。

主要メーカーが提供するCPUに脆弱性が存在し、投機的実行においてサイドチャネル攻撃を受けるおそれがあることが判明したことから、緩和策を導入したもの。ブラウザにおいては、JavaScript経由の攻撃についても潜在的に攻撃を受ける可能性があるとされている。

開発者チームでは、緩和策を導入したアップデート「同57.0.4」をリリース。重要度を「高(High)」とレーティングし、アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み