Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加

2017年第3四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害額は1億9000万円だった。個人において被害額の減少が見られた一方、法人では前四半期を上回った。

全国銀行協会が、会員190行におけるオンラインバンキングの不正送金被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出され、被害者へ返還できなかったケースについて集計している。

2017年第3四半期の不正送金被害件数は76件で、被害額は1億9000万円。法人では、被害件数は前四半期の11件から8件に減少したものの、被害額ベースでは8400万円と、前四半期の7500万円を上回った。

一方個人の被害を見ると、被害件数は68件で前四半期の65件から増加。被害額は1億600万円で、前四半期の1億3100万円から減少している。

補償状況を見ると、金融機関が対応方針を決定した32件のうち、補償の対象となったのは28件。補償率は87.5%だった。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック