Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」にDoS攻撃が可能となる脆弱性など判明

「VMware vCenter Server」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかとなった。アップデートが提供されている。

リモートより細工された「LDAP」パケットを受信するとサービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-4927」が判明したもの。「同6.0」以降に影響があり、重要度は4段階中3番目にあたる「中(Moderate)」にレーティングされている。

またFlashベースの「vSphere Web Client」には、CRLFインジェクションが可能となるサーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)の脆弱性「CVE-2017-4928」が含まれ、ヘッダ情報を不正に操作され、情報漏洩が生じるおそれがある。

同脆弱性は「同6.0」「同5.5」に存在し、重要度は同じく「中(Moderate)」。HTML5ベースのクライアントに関しては脆弱性の影響を受けないとしている。

同社では、これら脆弱性を修正した「同6.5 U1」「同6.0 U3c」「」「同5.5 U3f」をリリース。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中