Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ

古着の買い取りと販売を展開するキングファミリーのつくば牛久店において盗難が発生し、顧客情報が保存されたレジが被害に遭ったことがわかった。

店舗を運営するKurokawaによれば、9月28日に発生した盗難事件において、同店に登録している会員の個人情報含むレジが盗まれたという。

被害に遭ったレジには、会員1万2636人の個人情報が保存されていた。氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、顧客コード、キングファミリー会員カード番号などが含まれる。

同社では、警察へ被害届を提出し、個人情報保護委員会へ事態を報告。対象となる会員には事情を説明し、謝罪するダイレクトメールを送付した。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明