Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響

Piriformのシステムメインテナンス用ソフトウェア「CCleaner」が、何者かによって侵害を受け、バックドアを設置されていたことがわかった。

20170919_pi_001.jpg
Avast傘下のPiriform

8月中旬以降にリリースされたWindows向けの「CCleaner 5.33.6162」や「CCleaner Cloud 1.07.3191」の32ビット版が、バックドアのコンポーネントを読み込むよう改変されていたことが判明したもの。

同社の親会社であるAvast Softwareが、9月12日にMorphisecより侵害に関する指摘を受け、問題へ気が付いたという。他プラットフォームは影響を受けないとしている。

同ソフトウェア内にバックドアが設置され、米国内のサーバへ「IPアドレス」「コンピュータ名」「インストールされたソフトウェアのリスト」「アクティブなソフトウェア」「ネットワークアダプタ」などの情報を不正に送信するようになっていた。

(Security NEXT - 2017/09/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性