Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」に深刻な脆弱性 - 更新を強く推奨

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。開発チームは、アップデートを強く推奨している。

20170817_dr_001.jpg
3件の脆弱性へ対応したメインテナンスアップデートとなる「Drupal 8.3.7」

もっとも深刻とされる「CVE-2017-6925」は、システムの「エンティティ」に対するアクセス制御の脆弱性。重要度は、5段階中2番目に高い「クリティカル(Critical)」。

同脆弱性を悪用されると、特定条件の「エンティティ」について表示や作成、アップデート、削除などが行われるおそれがある。

また「Viewsモジュール」のAjax利用時におけるアクセス制御の脆弱性「CVE-2017-6923」や、承認をバイパスしてコメントが投稿できる「REST API」の脆弱性「CVE-2017-6924」を修正した。これらは重要度が1段階低い「中(Moderately Critical)にレーティングされている。

「Drupal」の開発チームでは、これら脆弱性を修正した「同8.3.7」を用意。「同8」利用者へアップデートを実施するよう強く推奨している。

(Security NEXT - 2017/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表