Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2件の脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」がリリース - 複数バグにも対応

コンテンツマネジメントシステム「Joomla!」の開発チームは、複数の脆弱性へ対処したセキュリティアップデート「Joomla! 3.7.4」をリリースした。

20170726_jo_001.jpg
脆弱性を解消した「Joomla! 3.7.4」

「同3.7.3」および以前のバージョンに見つかった重要度は「高(high)」の脆弱性2件を修正したもの。HTMLタグのフィルタリング不備に起因する「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性「CVE-2017-11612」を解消した。

インストーラにおいて、ウェブの保存領域における所有権の確認を行わず、制御を奪われるおそれがある脆弱性「CVE-2017-11364」へ対応。すでにインストール済みの環境については同脆弱性の影響を受けないとしている。

またセキュリティに関する問題ではないが、同バージョンでは4件のバグについても修正を実施したという。

(Security NEXT - 2017/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も