Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、同社製品群への定例更新で脆弱性308件を修正

Oracleは、定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開し、308件の脆弱性を解消した。

四半期ごとに公開している定例アップデート「CPU」により「Oracle Database Server」に関する脆弱性4件や、「Oracle Fusion Middleware」の脆弱性44件をはじめ、複数の脆弱性へ対処したもの。

「Oracle Financial Services Applications」「Oracle Hospitality Applications」「Java SE」「Solaris」「MySQL」「Oracle VM VirtualBox」など、あわせて308件の脆弱性を修正している。

今回対応した脆弱性のうち、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」でスコアが「7.0」以上で「緊急」または「重要」とされる脆弱性は132件。同社は、脆弱性の悪用を防止するため、テスト環境で動作を確認したうえで、早期にアップデートを適用するよう推奨している。

なお、次回の定例アップデートの公開は米国時間10月17日を予定している。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性
GitLab、クリティカルパッチを公開 - 深刻な脆弱性を修正
「VMware Aria Automation」にSQLi脆弱性 - 修正パッチをリリース
「Firefox 128」をリリース - 複数の脆弱性を修正
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を