Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを

複数の脆弱性に対処した「OpenVPN 2.4.3」「同2.3.17」がリリースされた。一部脆弱性はリモートより悪用が可能であるとし、開発チームでは早期にアップデートするよう呼びかけている。

リモートよりシャットダウンが可能となる脆弱性「CVE-2017-7508」をはじめ、セキュリティ研究者によるファジングなどにより複数の脆弱性が判明、修正したもの。

また特定の環境下で情報漏洩やシステムのクラッシュを引き起こす脆弱性「CVE-2017-7520」を解消したほか、メモリリークやサービス拒否など、CVEベースであわせて4件の脆弱性を解消。

またCVE番号が割り当てられていないものの、Nullポインタ参照の脆弱性や、セキュリティ上の影響がないバグフィクスなども行われている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-7508
CVE-2017-7520
CVE-2017-7521
CVE-2017-7522

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も