Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「sudo」に深刻な脆弱性 - ルート権限を取得されるおそれ

Linuxにおいて、指定したユーザー権限でコマンドを実行する際に利用する「sudo」コマンドに深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「sudo」コマンドの利用権限を持つユーザによって、任意のファイルを上書できる脆弱性「CVE-2017-1000367」が判明したもの。同脆弱性を悪用することにより、システムのルート権限を取得されるおそれがある。

脆弱性は、「同1.8.20」から「同1.8.6p7」までに存在し、開発チームでは脆弱性を解消した「1.8.20p1」をリリースした。一部ディストリビューションにおいても、アップデートの提供が開始されている。

(Security NEXT - 2017/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性19件を修正
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
「Microsoft Edge」に脆弱性、アップデートがリリース
「Citrix Hypervisor」に5件の脆弱性 - ゲストVMよりホストが侵害されるおそれ
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起