Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無線LAN機能を備えた東芝製「FlashAir」に複数の脆弱性

無線LAN機能を備えた東芝製SDHCメモリカード「FlashAir」のフォトシェア機能において、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品のフォトシェア機能では、初期設定による無線LANとは別の設定のフォトシェア専用の無線LANに切り替わり、あらかじめ選択した写真データをほかのユーザーと共有することができる。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、一部ソフトウェアのバージョンにおいて、アクセス制限不備の脆弱性「CVE-2017-2161」が含まれるという。

同脆弱性により、無線LANに接続したユーザーによって共有していないデータを取得されるおそれがあり、同脆弱性を回避するには、ソフトウェアを更新し、適切な無線LAN設定を行う必要がある。

また一部ソフトウェアのバージョンでは、SSIDおよびパスワード固定の脆弱性「CVE-2017-2162」が存在することが判明した。

専用アプリからフォトシェアを開始する際に、フォトシェア専用の無線LAN設定を行うよう誘導されるが、ウェブブラウザからの操作でフォトシェアを開始する場合は、専用の無線LAN設定を行えず、固定された設定が有効になる。そのため、その無線LANにアクセス可能な第三者により、共有している写真データが閲覧される可能性があるという。

同脆弱性を回避するには、フォトシェアを使用する際にウェブブラウザではなく専用アプリを使用して、SSIDとパスワードを変更する必要がある。

両脆弱性はいずれも、三井物産セキュアディレクションの諌山貴由氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2017/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性
「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Cisco NFVIS」に深刻な脆弱性 - ゲストVMよりホスト乗っ取りのおそれ
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施