Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECシステム「CS-Cart」に脆弱性 - 情報漏洩や意図せぬ商品購入のおそれ

フロッグマンオフィスが提供するeコマースサイトの構築パッケージ「CS-Cart」の日本語版に、複数の脆弱性が含まれていることが判明した。パッチなどが提供されている。

同製品の「同v4.3.10」および以前のバージョンに、アクセス制御不備の脆弱性「CVE-2017-2139」が判明したもの。脆弱性を悪用すると、住所や氏名などが記載された注文確認書を閲覧できる。

さらに「同v4.3」系には、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2017-2138」が存在。同システムで構築されたサイトへログインした状態で細工されたページへアクセスすると、意図せず商品が購入してしまうおそれがあるという。

いずれも三井物産セキュアディレクションの廣田一貴氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

フロッグマンオフィスでは、「CVE-2017-2139」を修正するためのパッチを用意。また「CVE-2017-2138」に関して複数の条件を満たす可能性があり、危険度は低いとしつつも、修正方法をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2017/04/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も