Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ

D-Linkが提供する複数のネットワーク機器に管理者アカウントの認証情報を取得されるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同社が提供するルータ「DIR-130」「DIR-330」のリモートログインページに認証回避の脆弱性「CVE-2017-3191」や、認証情報の保護における不具合「CVE-2017-3192」が判明したもの。

「DIR-130」では、ファームウェアが「バージョン1.23」、「DIR-330」では「バージョン1.12」で脆弱性が確認されており、これら以外のバージョンについても影響を受けるおそれがある。

対策方法は明らかになっておらず、セキュリティ機関では、「機器へのアクセスを制限する」「リモート管理機能を無効にする」など緩和策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 89.0.4389.128」で脆弱性2件を修正 - いずれもエクスプロイトの報告あり
「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正