Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Logic Pro X」がアップデート、脆弱性を修正

Appleは、音楽製作ソフト「Logic Pro X」の脆弱性へ対応し、最新版となる「同10.3.1」をリリースした。

細工された「GarageBand」のプロジェクトファイルを開くとメモリ破壊が生じ、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-2374」へ対処したもの。「GarageBand」に関しては2月13日にリリースした「同10.1.6」で同脆弱性を解消している。

両ソフトに関しては、1月にも細工されたファイルを読み込むと任意のコードを実行されるおそれがある別の脆弱性「CVE-2017-2372」が明らかとなっているが、今回修正された脆弱性とは異なるため注意が必要。

(Security NEXT - 2017/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を
前回から4日、「Chrome」に再度アップデート - 今回もゼロデイ脆弱性を修正
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
「Triton Inference Server」や「ChatRTX」の脆弱性を修正 - NVIDIA
WordPress向け学習管理プラグインにSQLインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性を修正した「Microsoft Edge」のアップデートが公開
学生の就活支援アプリ「OfferBox」に一時脆弱性 - すでに解消済み
「iTunes for Windows」に脆弱性 - アップデートで修正
軽量プロクシ「Tinyproxy」に脆弱性 - 報告者と開発者に溝