Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定環境下の「BIND 9」にリモートより攻撃可能となる脆弱性 - パッチがリリース

「BIND 9」に、特定環境下でリモートよりサービスを停止させることが可能となる脆弱性が含まれていることが判明した。関係機関がアップデートを呼びかけている。

20170209_is_001.jpg
ISCによるアドバイザリ

サービス拒否を引き起こすことが可能となる脆弱性「CVE-2017-3135」が含まれていることが判明したもの。脆弱性の重要度は「高(High)」。悪用は確認されていないという。

脆弱性は、AレコードからAAAAレコードを合成する「DNS64」および、キャッシュDNSサーバによる応答を制御する「Response Policy Zones(RPZ)」の処理に起因。

デフォルトではいずれも無効だが、これらを同時に有効化している場合、クエリー処理においてINSISTアサーションエラーやNULLポインタの読み込みなどが生じ、サービスが停止するおそれがある。

同脆弱性の判明を受けて、BINDを開発するInternet Systems Consortium(ISC)では、脆弱性に対処した「同9.11.0-P3」「同9.10.4-P6」「同9.9.9-P6」をリリース。ISCや日本レジストリサービス(JPRS)などの関係機関では、利用者へバージョンアップなどを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働