Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通

マイクロソフトを装ったフィッシング攻撃が再び観測されている。「Officeのプロダクトキーが不正コピーされている」といった脅し文句が記載されたメールには注意が必要だ。

20170131_ap_001.jpg
クレジットカード情報なども入力させようとしていたフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のメールでは、攻撃者が日本マイクロソフトのセキュリティチームを偽装。「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」といった件名でメールを送信している。

本文は「セキュリティ警告!」といった文言ではじまり、プロダクトキーが不正に利用され、メールへ対応しないとOfficeが利用できなくなるかのように不安を煽り、検証作業などと称して本文のリンクからフィッシングサイトへ誘導。

偽サイトでは、メールアドレスやパスワードなどのアカウント情報にくわえ、画面が遷移し、住所や電話番号、セキュリティコードを含むクレジットカードなど、個人情報をだまし取ろうとしていた。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
「ビックカメラ」からの「異常通知」装うフィッシング攻撃
「支援金5万円」とだますフィッシング - 偽マイナポータルへ誘導
「口座が凍結されました」 - ゆうちょ銀装うフィッシングに注意
「マネロンのおそれ、対応しないと法的措置」と脅すフィッシング
「給付金に関するお知らせ」などと内閣府かたる詐欺メール
「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で